スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法規定を認識せず受理=元妻の娘との婚姻届―兵庫・明石市(時事通信)

 兵庫県明石市の元税理士の男(57)が元妻の娘だった女子高生(16)との虚偽の婚姻届を提出し、有印私文書偽造容疑で逮捕された事件で、市が民法上2人は結婚できない関係だったことに気付かず、婚姻届を受理していたことが14日、分かった。
 明石市の発表によると、男は先月21日、市の大久保市民センターに婚姻届を提出。担当職員は筆跡が同一人物の疑いがあるなどとし、神戸地方法務局明石支局に相談したが、「養子縁組していないのなら問題ない」との回答を受けて受理した。その際、男の結婚相手は元妻の娘だとも伝えていたが民法上の問題について指摘を受けることもなく、気付かなかったという。
 民法第735条は、結婚相手の子どもなど(直系姻族)とは、いったん親子関係が成立している以上、離婚により親子でなくなっても婚姻することができないと定めている。 

【関連ニュース】
元妻の娘との婚姻届提出=57歳男、離婚翌日勝手に
飲食店でカード不正使用=容疑でナイジェリア人経営者ら逮捕
露店で偽一万円札8枚=透かしなし、同一番号
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕
弁護士預かりの6800万円着服=容疑で元事務員の社長再逮捕

<口蹄疫>殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認(毎日新聞)
高槻遺棄女性、転居前に白い車の男女と会う(読売新聞)
体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)
広島少年院控訴審判決 元教官に猶予判決(産経新聞)
<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターしんたろうひらもと

Author:ミスターしんたろうひらもと
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。